サプリメント

  • ¥ 1,452
  • 手作り食のトッピングに 手作り食に不足しがちなミネラル(カルシウム、リン)を豊富に含み水溶性食物繊維のフコイダンが腸内環境を正常化。 特 長 タスマニアン ブルケルプと言われ南極から運ばれるピュアな海流で育ったジャイアントケルプで南極大陸付近の岸壁や波打ち際に生息する海藻です。 タスマニア大学でリサーチされ非常に多くのミネラル成分海洋性コラーゲン、保湿成分が豊富に含まれ乾燥から皮膚を保護することが研究結果で分かっています。 特にタスマニア昆布は従来の昆布が含んでいるアルギン酸(32%以下)を大きく上回る、60%ものアルギン酸を含有しています。 昆布をはじめとした海藻には、水溶性食物繊維であるアルギン酸とフコイダンがたっぷり含まれています。実際、昆布には、サツマイモの8倍、ごぼうの約5倍の食物繊維が含まれています。 昆布の特長 1.豊富なミネラル 主要ミネラルである「カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシウム」の7種類と、微量元素である『鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト』の9種類の計16種です。 ミネラルは、からだの機能の維持や調節に欠かせない微量栄養素で、体内で生成することができず、食物から摂取する必要があります。昆布に含まれるカリウムは大豆の約2.7倍。カルシウムは、牛乳の約6.0倍も含まれています。 2.フコイダン 昆布の成分の30~40%は水溶性食物繊維です。 ぬるぬるした成分であるフコイダンは善玉菌を増やし、腸の健康をサポートします。 原材料・成分 - Active Ingredients & Analysis 原材料 Durvillaea potatorum, also known as bull kelp       乾燥昆布 原産国 オーストラリア 代謝エネルギー(ME) 169Kcal/100g 組成 (平均 %) 水分 5.2%、粗タンパク質6.9% 、粗繊維4%、粗灰分(ミネラル)32.7%、脂肪1.2%、炭水化物51.2%  計100% ミネラル (100g当り) カルシウム500mg 、カリウム1000mg、マグネシウム120mg、ナトリウム3400mg、リン170mg、イオウ2100mg、銅0.5mg以下、鉄3mg、亜鉛0.9mg、セレン0.6μg、ヨウ素260mg ビタミン類 (100g当り) ビタミンA -136μgRE(レチノール当量)、ビタミンB1-0.22mg、ビタミンB2-0.38mg、ビタミンB3-1.5mg、ビタミンB6-0.01mg、ビタミンB12-0.01μg、ビタミンC-0.3mg、ビタミンD3-0.01μg、ビタミンE-0.1mg  与え方 対象 : 犬、猫 <1日量> ◆付属スプーンで 小型犬&猫…1/4~1杯を食事の回数にわけて  中型犬   … 1~2杯を食事の回数にわけて 大型犬   … 2杯~ を食事の回数にわけて   (大型犬は体重9Kg毎に1杯ずつ増やして下さい。) ※付属スプーンすりきり1杯は約1.8gです。 ◆小型犬(9Kg未満)中型犬(9~18Kg)大型犬(18Kg以上) 猫や小型犬は体重の幅がありますので、個体差を考慮の上ご使用下さい。 使用上の注意 開封後は高温多湿を避け、冷暗所に保管して下さい。 昆布にはヨウ素が含まれています。ヨウ素自身は甲状腺ホルモンに必要な栄養分ですが、妊娠、または甲状腺に異常がある犬猫の場合は、獣医師に相談してください。

  • ¥ 1,694
  • 皮膚病の時にドッグフードと一緒に摂ることで肌に潤いを与えます。 人間だけでなく犬猫もビタミンCは大切な栄養素 ●C-エイド 日常生活において、犬や猫は人間と異なりビタミンCを体内でつくることができます。しかし、室内飼育が増えている等、どうしても人間の生活環境下において、犬猫の生活は制限されがちです。日々の生活の中で十分な栄養をとり健康を維持するために、ビタミンCは食事に補ってあげたい大切な栄養素です。 ★毛艶が悪くてフケが多い ★精神的ストレス、肉体的ストレスが多い ★アレルギーや関節トラブルなど健康トラブル 年齢とともにビタミンCの合成能力は減っていくので、お年寄りの愛犬、愛猫にもぜひ摂取させてあげたい栄養素です。 ◇カカドゥ・プラム ビタミンC含有量では最高記録フルーツと言われるオーストラリア原産のカカドゥ・プラムを配合したビタミンCサプリメントです。 カカドゥプラムは熱帯に250種類ほどあるヨツバネカズラ属の植物の一つで、ユーカリが属しているフトモモ科の近縁とされています。オーストラリアの原住民であるアボリジニによって普通のフルーツのように生で食べられていました。このカカドゥプラムはビタミンC含有量では最高記録フルーツと言わており、100gあたりミカンでは約50mgのビタミンCが含まれるところ、カカドゥプラムには3000mg含まれ、単純に計算すると60倍になります。 アボリジニ原住民によってもたらされたカカドゥ プラムは、その後の研究によって非常に高い抗酸化作用と葉酸、鉄分も多く含まれていることがわかりました。現在においても人工栽培は行われておらず、アボリジニの人々が野生のカカドゥプラムを収穫したものを使用しており生産量の少ない貴重なフルーツです。 【原材料】 アスコルビン酸カルシウム、デキストロース(ブドウ糖)、カカドゥプラムパウダー 【成分】(1000mgあたり) タンパク質 1%、脂肪2%、繊維28%、水分5%、ビタミンC 465mg、 カルシウム 115mg 【与え方】(1日あたりの目安) ■対象: 犬、猫 ◆付属スプーンで 小型犬&猫…1/4~1杯を食事の回数にわけて 中型犬   …1~1+1/2杯を食事の回数にわけて 大型犬   …1+1/2杯~を食事の回数にわけて (大型犬は9Kg毎に1/2杯ずつ増量して下さい) ※付属スプーンすりきり1杯は約1.4gです。 ◆小型犬(9Kg未満)中型犬(9~18Kg) 大型犬(18Kg以上) 猫や小型犬は体重の幅がありますので、個体差を考慮の上お使い下さい。 季節や体調により増量してお使いいただいたり、手作り食の場合は素材や加工内容により適量をお使い下さい。 【使用方法とご注意】 はじめてビタミンCを与える場合は少量からはじめ、1日の適量まで徐々に増やしていきましょう。 大量摂取により体内に蓄えておくことができない上、水溶性のため2-3時間で排出されます。できるだけ食事ごとに適量を補給しましょう。 開封後は高温多湿を避け、冷暗所に保管して下さい。

  • ¥ 1,210
  • オメガ3脂肪酸の働きで赤みなどの炎症抑制効果があるばかりか、水溶性食物繊維が腸内善玉菌の餌となり善玉菌が増え腸内環境改善で肌荒れに効果あり! 皮膚病の時の食事と一緒に、手作り食のトッピングにも ●チアシードとは チアシードはシソ科に分類される植物の種です。マヤ民族やアステカ民族の時代から主要な栄養源のひとつとして栽培され、他の穀物を混ぜたり水を加えて食されていました。 オーストラリアにおいてチアは「月への階段」で有名な西オーストラリアのブルームを含む、キンバリー地区で栽培されています。赤道から丁度15度が栽培に適した地域とされています。チアはサルビアの一種で、青紫色のかわいらしい花です。この種子は水を加えると、その周りに水を抱え込みジェル状になる特質があります。 ■豊富なオメガ3、食物繊維、アミノ酸 チアは100gあたり19.4gのαリノレン酸が含まれ、オメガ3&6は3:1の割合で含まれています。 また、チアは100g中36gという高い割合で食物繊維が含まれ、水溶性と難溶性の食物繊維が1対5とバランスがよいのも特徴です。 アミノ酸も豊富に含まれ、ニュートラルな風味であり、手作り食などに加える材料としても最適です。オーストラリア産、認定オーガニックです。 亜麻仁(フラキシード)よりも殻が柔らかく、消化もよいので、今後のドッグフードの素材として以前からアーガイル・ディッシュは注目しておりました。ようやくオーストラリアでチアシードの収穫が可能になったことで日本デビューです。ぜひ実感していただきたい商品です。 ★タンパク質は小麦、大麦の2倍 ★カルシウムは牛乳の5倍 ★鉄分はほうれん草の3倍 ★ビタミンCはオレンジの7倍 ★カリウムはバナナの2倍 【原材料】 オーストラリア産 チアシード(認定オーガニック) 【成分】 たんぱく質 20.5%、繊維 36%、脂肪分 34%、水分 8%、オメガ3 αリノレン酸 19.4%、 オメガ6 リノール酸 6.8% カルシウム 521mg 、ビタミンB12 90ug、鉄 6.5mg、葉酸 90ug、マグネシウム 285mg、リン 570mg、 カリウム 500mg、グルテン 検出せず カロリー 490Kcal/100g 必須アミノ酸(mg/g) ヒスチジン 5.09、アルギニン 19.05、イソロイシン 7.05、ロイシン 12.52、リジン 8.40、メチオニン 2.90、 フェニルアラニン 9.30、スレオニン 6.81、トリプトファン 2.09、バリン 8.87 非必須アミノ酸(mg/g) アラニン 9.10、アスパラギン酸 14.87、グルタミン酸 32.36、グリシン 9.42、プロリン 8.56、セリン 11.05、 チロシン 3.98 【与え方】(1日あたりの目安) ■対象: 犬、猫 アーガイルディッシュのドライフードを与えている場合 ◆付属スプーンで 小型犬&猫…1/2~1杯を食事の回数にわけて 中型犬   …1~2杯を食事の回数にわけて 大型犬   …2杯~を食事の回数にわけて ※付属スプーンすりきり1杯は約1.8gです。 ◆小型犬(9Kg未満)中型犬(9~18Kg) 大型犬(18Kg以上) 手作り食については、上記栄養成分表をもとに適宜調整ください。 熱を加えずそのままふりかけたり、水でふやかしたものを混ぜてご使用ください。 すりつぶして使用する際は、使用する分だけをその都度すりつぶしてご使用下さい。 【使用上のご注意】 開封後は高温多湿を避け、冷暗所に保管して下さい。

  • ¥ 2,970
  • 皮膚病で肌荒れが起こっている時は腸内環境も荒れています。肌表面をきれいにしても腸内がきれいでないとまた肌荒れを引き起こす事も! そんな腸内環境を正常にするのが善玉菌の働き。其の善玉菌を増やすのが乳酸菌です。しかし乳酸菌自体を取り入れてもそれぞれで合う、合わないがあり増えにくかったり常に乳酸菌を取り入れる必要が出てきます。 そんな時には乳酸菌生成エキス。犬本来が腸内に持っている乳酸菌それ自体を増やすので親和性があり、腸内に留まりやすいです。 選び抜かれた16種類の乳酸菌を豆乳の培地で長期培養し、 その発酵物を特殊な製法で抽出・生成した「乳酸菌生成エキス」。 お腹の中の善玉菌に働きかけ、腸内細菌バランスを良好に保ちます。免疫力アップにも! ●体調がいまいち、食欲にばらつきが ●ちょっとしたことでお腹の調子が不安定になる ●排泄臭が(おしっこ、うんち)気になる ●皮膚の状態が良くない、毛並み・色艶がさえない ●口臭が気になる ●涙やけが目立つようになってきた 以上のようなペットの症状改善のお手伝いをします。 ■原材料:乳酸菌生成エキス(大豆由来)、乳酸、塩 ※大豆は遺伝子組み換えではありません。※使用している塩は伊豆大島産です。 ■栄養成分 100ml(1本)あたり:熱量1kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0.2g、ナトリウム767mg 1日あたりのご使用方法をご説明致します. 動物全般にご使用頂けます。 健康維持を目的にペットフード等の食事、飲み水などに添加して毎日与えてあげてください。 老齢もしくは、体力減退時には若干多めに与えてあげてください。 年齢月数(幼、老)を問いません。 加熱処理などをしても、成分が壊れることはございません。 給水ボトルに入れても効果的です。